給料ファクタリングが安全?それ本当ですか?

更新日:9月6日

  • 「給料ファクタリングを利用すると給料日に関係なく、必要なときに安全に現金を手にできます。」

  • 「もちろん家族や会社に知られずに安全に利用する事ができます。」

  • 「ブラックリストに載っていて借入れができない人でも給料ファクタリングなら闇金などと違い安全にお金を手にすることができるのです。」


このように給料ファクタリングは安全さや手軽さがやたらと強調されている事から軽い気持ちで利用してしまう人が多いというのも無理のない話です。


しかし、本当に給料ファクタリングは安全なのでしょうか


給料ファクタリングは安全に利用できるというのは間違い


そもそも給料ファクタリングは業者側が説明するように貸金業ではなく違法業者でもないのでしょうか?


ファクタリング業者側は言い分はこうです「利息の代わりに手数料を取っていますが利息は取っていないのだから貸金業ではありません。


しかし、超高額な手数料という名の利息をプラスした金額を返済する訳ですから、やっている事は闇金と変わりありません


違法業者ではない=安全という訳ではない


闇金=違法業者=安全ではない。という事はたいていの人が知っています。


しかし、給料ファクタリング業者は自分たちは違法業者ではないと主張しています


それを聞いて給料ファクタリングの利用は安全だと勘違いしてしまっている方が多いように感じますが、はっきり言ってその思い込みは危険です


給料ファクタリングの手数料は闇金の金利と同じ


給料ファクタリングに取られる手数料を利息として換算すると、貸金業法に定める法定利息を大幅に上回り、完全な違法金利となります。


たしかに最近まではグレーゾーンとなっていたようで給料ファクタリングを違法と断言する人はいませんでした。


しかし、2020年3月24日、東京地方裁判所は給与ファクタリングについて、貸金業法、出資法違反、契約は無効、刑事罰の対象となる判決を言い渡しましました。


これにより給与ファクタリングは、貸金と認定され、貸金業法・出資法違反で刑事罰の対象となった訳です。


給料ファクタリングの危険性


給料ファクタリング業者は闇金に比べると大口融資している傾向にあり、借りる側も安心感からなのか多額の借入れをしてしまいます。


しかしながら手数料という名の金利はソフト闇金と大差ありませんので返済時には当然それだけ手数料(金利)も重く圧し掛かってくることになります。


その結果、返済不能となり給料ファクタリング業者からの取立てにより会社や家族に借金の事がバレてしまったという方も沢山いるようです。


悪徳給料ファクタリング業者自体も多く存在している


一月30%の手数料だと書いてあったのによくよく聞くと実際は一月100%以上だった、それでキャンセルをしようとすると高額なキャンセル料を取られるというものです。


悪徳ファクタリング業者は元悪徳ソフト闇金業者が運営しており手口は詐欺系のソフト闇金と同じものです


結局のところ詐欺師は手をかえ品をかえ、悪事を働いているのです。


安全面で考えるとファクタリング業者よりも情報が多いだけソフト闇金のほうがよっぽどましだといえます。



当店優良ソフト闇金プラウディアは詐欺行為は一切おこなっておりません、また返済が不可能になるような無理な貸付はせずお客様の収入と借入れのバランスをみてご融資させて頂いておりますので安心してご利用頂けます。





14回の閲覧0件のコメント